SSD

1: ジョフロイネコ(家) 2013/05/21(火) 10:03:38.18 ID:txdqx6He0 BE:1950435656-PLT(12012) ポイント特典
今回は、デフラグとは何か、メリット・デメリットを解説します。
「デフラグなんて聞いたこともない」「なんとなくはわかるけど・・・」という方、必読ですよ!
デフラグって何?
「デフラグ」とはデフラグメンテーションの略であり、一言で言うとファイルの断片化(フラグメンテーション)を解消することです。
パソコンはハードディスクにデータを書き込んだり読み込んだりしています。
ハードディスクでは何度もデータの読み書きや消去を繰り返すうちに、1つのファイルが連続した領域に収まらず、複数の領域に分断されていきます。
これを断片化(フラグメンテーション)といいます。
no title
断片化が起こると、ファイルを開くのに複数領域を読み込む必要があるため、処理が遅くなり、パソコンの動作が重くなります。この断片化したデータを、可能な限り連続して配置・整理し直すことを「デフラグ」といいます。
デフラグのメリット・デメリットは?
デフラグを行うことで期待できる効果は以下の4点です。パソコンの処理速度が上がり、作業を快適にすることも可能です。
<メリット>
・ファイルの読み込み、書き込み速度が上がる。
・パソコンの起動が早くなる。また多くのプログラムの動作が快適になる。
・ハードディスクの残り空き容量が増加する。
逆に、デフラグにはデメリットもあります。
<デメリット>
・大容量のハードディスクでは、デフラグに長時間を要する。
・デフラグを行っている間は他の作業ができなくなる。
・古くなって寿命が近いハードディスクや壊れかけたハードディスクにデフラグを行うと、負荷がかかり「最後のトドメ」になってしまう恐れがある。
※パソコンの調子が悪いときは、まずチェックディスクを行うことをオススメします。
http://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/defragmentation/
こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: 黒トラ(新疆ウイグル自治区) 2013/04/14(日) 21:00:32.95 ID:7eTSyaP0P BE:1260786863-PLT(12072) ポイント特典
 東芝製SSDを採用するCFD販売のSATA3.0対応2.5インチSSD「S6TNHG5Q」シリーズが販売開始となった。容量ラインナップは128GB、256GB、512GBの3モデルだ。
 東芝製SSD「HG5d」シリーズ採用をうたうSATA3.0(6Gbps)対応SSDの新製品が登場した。容量ラインナップは128GB「CSSD-S6T128NHG5Q」、256GB「CSSD-S6T256NHG5Q」、512GB「CSSD-S6T512NHG5Q」の3モデルが用意される。
 内部の基板を確認すると、コントローラーにはTOSHIBAのシルク印刷とともに、MARVELLの刻印も記載されているのが確認できた。またMLC NANDフラッシュはTOSHIBA刻印入りだった。
 転送速度はシーケンシャルリードが530MB/sec、ライトが500MB/sec(128GB/256GBモデルは490MB/sec)。SATA3.0(6Gbps)環境下はもちろん、SATA2.0(3Gbps)環境下においても高いパフォーマンスを発揮するという。
 価格および販売ショップは以下の通り。最上位の512GB「CSSD-S6T512NHG5Q」は売れ行き好調のようで、すでに完売のショップも多い。
http://ascii.jp/elem/000/000/779/779947/
no title
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ