自転車

1: ピクシーボブ(家) 2013/07/05(金) 06:49:54.86 ID:GMsav+ecP BE:3452343168-PLT(12000) ポイント特典
http://www.asahi.com/national/update/0705/OSK201307040164.html
 自転車で女性(67)をはねて寝たきり状態にさせたとされる少年(15)=当時小学5年=の親の賠償責任が問われた訴訟の判決が4日、神戸地裁であった。田中智子裁判官は「事故を起こさないよう子どもに十分な指導をしていなかった」と判断。少年の母親(40)に対し、原告の女性側と傷害保険金を女性に支払った損保会社に計9500万円を賠償するよう命じた。
 判決によると、少年は2008年9月22日夜、神戸市北区にある坂をマウンテンバイクで時速20~30キロのスピードで下っていた際、知人の散歩に付き添い中の女性に衝突した。女性は頭の骨が折れ、現在も意識が戻っていない。
 判決は「少年の前方不注意が事故の原因」と認定。少年側は「危険な走行はしておらず、日頃から指導もしていた」として過失責任を否定したが、判決は母親が唯一の親権者としての監督義務を十分に果たしていなかったと判断した。そのうえで、女性が事故に遭ったために得ることができなくなった逸失利益や介護費などを考慮し、母親には女性側へ3500万円、損保会社へ6千万円の賠償責任があるとした。(青田貴光)
2: スミロドン(チベット自治区) 2013/07/05(金) 06:51:37.19 ID:4KB8AbLwT
たかい

3: 黒(やわらか銀行) 2013/07/05(金) 06:52:57.13 ID:Yal2YC/p0
GJ 
チャリは車道を走れ

4: ジョフロイネコ(香川県) 2013/07/05(金) 06:57:59.16 ID:zbLU7rCo0
人生詰んだな

7: キジ白(関東・甲信越) 2013/07/05(金) 07:00:28.09 ID:eez8t3cTO
アホガキを持つと苦労するわ

こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: アンデスネコ(家) 2013/05/25(土) 15:47:03.09 ID:uPWyGBMKP BE:5591066099-PLT(12822) ポイント特典
 自転車と歩行者の接触事故を減らすため、全国の警察は、自転車の通行が可能だった歩道のうち、350キロ余りの区間を原則、通行できなくする措置を取りました。
 一方で、自転車が車道を安全に走るための専用レーンの設置はなかなか進んでおらず、今後、対策を急ぐ方針です。
 警察庁によりますと、自転車が歩行者に接触する事故は去年、全国で2625件と、10年連続で2000件を超え、死亡事故も5件起きるなど深刻な状態が続いています。このため、警察庁は、自転車の通行が可能な歩道のうち、道幅が3メートル未満の狭い所は、子どもや高齢者などを除き、自転車での通行を徐々にできなくする方針をおととし決めました。
 これを受けて、全国の警察が「自転車通行可」の標識を取り外した歩道は、去年1年間で合わせて516か所、区間の距離は356キロに上ることが分かりました。都道府県別では、千葉県が87キロと最も長く、次いで埼玉県が44キロ、岩手県が32キロなどとなっています。
 一方、警察は自転車が車道を安全に走るための専用レーンの設置も行っていますが、地元の合意などが必要で、昨年度、整備されたのは53か所にとどまっています。
 警察庁は、自転車が通行できる歩道を今後も減らすとともに、専用レーンの整備を急ぎ、歩行者と自転車双方の安全を確保したいとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130525/k10014839591000.html
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ