異星人

1: 急所攻撃(埼玉県) 2013/07/31(水) 17:04:32.20 ID:oDK4BJ8LP BE:2326627793-PLT(12001) ポイント特典
 [映画.com ニュース] 初メガホンをとった「第9地区」(2010)が大ヒットし一躍脚光を浴びたニール・ブロムカンプ監督が、続編となる「第10地区(District 10)」に取りかかっていることがわかった。
 南アフリカ共和国を舞台にした「第9地区」は、1982年に突如UFOが飛来し、政府は異星人たちを難民として受け入れるが、特別居住区・第9地区はスラム化。2010年、難民増加を懸念した超国家機関MNUが、難民を第10地区に移動させる計画を立て、MNUの職員ヴィカスは立ち退き要請のため第9地区を訪れたところ、不注意で謎の液体を浴びてしまい、徐々に体に変化が表れる。
 米Wiredによれば、ブロムカンプ監督は妻で「第9地区」共同脚本家のテリー・タッチェルと、18ページにわたる「第10地区」のトリートメント(詳細なあらすじ)を執筆したようだ。気になるその内容については堅く口を閉ざしており、「とんでもなくクールだ」とだけ語っている。
 また、ブロムカンプ監督は新作「エリジウム」で組んだプロデューサーのサイモン・キンバーグから、新「スター・ウォーズ」の監督を打診されたが辞退したことも明かしている。
 マット・デイモン、ジョディ・フォスターが主演するSFサスペンスアクション「エリジウム」は、9月20日から日本公開。
http://eiga.com/news/20130729/15/

こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: ボンベイ(大阪府) 2013/06/22(土) 14:44:13.31 ID:uF26yPB40 BE:780186645-PLT(18001) ポイント特典
英国防省:UFO係、半世紀の歴史に幕 「経費の無駄」
 【ロンドン小倉孝保】 【ロンドン小倉孝保】未確認飛行物体(UFO)の監視・調査を担当し、2009年12月に閉鎖された英国防省UFO係の活動内容を同省が公表し、その内容などを英メディアが21日、報じた。この係は50年以上、国防のためUFOの調査を続けたが、「経費の無駄遣い」と結論付けられ閉鎖されていた。
 英メディアによると、UFO係は1968年を最後にまともな調査を実施しておらず、比較的若い職員2人が電話や電子メールによるUFO目撃情報に対応するだけで、経費は年間約4万5000ポンド(約675万円)だった。
 国防省によると、09年11月に空軍幹部から「経費の割に防衛にとって価値ある結果を得ていない」として活動を縮小すべきだと提案があり、防衛資源を効果的に利用するため閉鎖を決めたという。国防省は「もはやUFOを見たという報告に反応せず、調査も行わない」としているが、同係閉鎖がUFOの存在を否定するものではないと説明している。
 国防省が公表した資料には、「異星人と暮らしている」という電話の入電記録や、「07年にキャンプに行った際、UFOに車とテントを奪われ、飼い犬を 拉致された」との報告を受けた記録などがあった。
http://mainichi.jp/select/news/20130622k0000e030171000c.html

3: ハイイロネコ(dion軍) 2013/06/22(土) 14:46:01.19 ID:V4s6jpWF0
まあ表向きには、な

4: アメリカンボブテイル(WiMAX) 2013/06/22(土) 14:46:35.12 ID:8NsHbUqp0
年間670万くらいいいじゃねーか

9: サビイロネコ(島根県) 2013/06/22(土) 14:50:43.30 ID:mMj5SETz0
>>4
二人の給料いくらだったんだろうね
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ