宇宙

1: アフリカゴールデンキャット(愛知県) 2013/05/27(月) 08:17:34.18 ID:1z/jxoV8P BE:1053665429-PLT(12001) ポイント特典
no title
 丁度今から1年前、2012年の金環日食に心を踊らせた方も多いかと思いますが、先週より、木星・水星・金星の3惑星が大接近し美しいトライアングルを描くという珍しい天体ショーが観測されています。
 NASAの学者Tony Phillips氏によると、今回の惑星大接近は非常に珍しい現象で、最後に観測された2011年の5月以来、約2年振りの出来事なんだとか。
 発表によると、日本で観測出来るのは本日夕方の日没後30分~1時間程ごろ。西北西の空で肉眼でも確認する事が出来るそうです。
 また、今日の夕方が最も綺麗な三角形を目にする事が出来るピークとなり、明日以降は惑星の感覚が少しずつ離れ、月末には一直線になってしまうとの事。
 今日を見逃すと、次回は2015年の10月まで一切お目にかかる事は出来ないようなので、時間のある方は日没後に空を眺めてみてはいかがでしょうか。
 ちなみに、肉眼でも観測出来ますが確実な方法として、高台に登ってから双眼鏡を覗く事がオススメされています。
http://irorio.jp/furukawa/20130527/60339/
こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: 白夜φ ★ 2013/05/04(土) 09:40:50.40 ID:???
太陽表面を取り巻く黄金の光、NASA衛星画像
2013年04月29日 10:33 発信地:米国
【4月29日 AFP】米航空宇宙局(NASA)の太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(Solar Dynamics Observatory)が昨年4月16日から今年4月15日までの間に、太陽の表面で最も活動が活発な領域を撮影した画像25枚を1枚に合成したもの。(c)AFP/NASA
_______________
▽記事引用元 AFPBBNews 2013年04月29日 10:33配信記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2940582/10635109
no title
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ベガスρ ★ 2013/04/23(火) 16:25:21.00 ID:???
"宇宙空間でぞうきんを絞ったら? ISSで科学実験"
 無重力空間で濡れたぞうきんを絞ったらどうなるか――。
国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している宇宙飛行士が、子どもたちのリクエストに応えてそんな実験を行い、動画で実験の様子を公開した。
 実験に挑んだのはカナダの宇宙飛行士クリス・ハドフィールドさん。ISSの中で行う科学実験についてアイデアを募り、寄せられた約100件の中から、同国ノバスコシア州のハイスクール生徒2人のアイデアが採用された。ハドフィールドさんはまず、米航空宇宙局(NASA)の特製ぞうきんパックを取り出して広げ、飲料水のチューブで水をたっぷり含ませた後に、両手で絞って見せた。
 その結果、ぞうきんから染み出た水はチューブのような状態になって表面を覆い、表面張力でぞうきんからハドフィールドさんの両手に伝わった。両手を覆った水はジェルのように手を覆ったまま離れない。宙に浮いたぞうきんは手を離してもほどけることなく、絞ったままの形で漂い続けた。
画像
no title
CNN 2013.04.23 Tue posted at 14:41 JST
http://www.cnn.co.jp/fringe/35031219.html
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ボブキャット(WiMAX) 2013/04/24(水) 16:58:26.24 ID:XpiCcrML0● BE:1054984043-PLT(12000) ポイント特典
生命の起源やはり宇宙?「猫の手星雲」で証拠
読売新聞 4月23日(火)14時16分配信
 地球上の生命の元となるアミノ酸は宇宙で作られたという説を補強する有力な証拠を、地球から約5500光年離れた「猫の手星雲」など九つの星雲で検出したと、国立天文台などのチームが23日、発表する。
 アミノ酸には形がそっくりでも重ならない「左型」「右型」と呼ばれるタイプがあるが、地球上の生命を構成するアミノ酸の大半は「左型」と呼ばれるタイプ。田村元秀・東大教授らは、南アフリカに設置された赤外線望遠鏡で、猫の手星雲などを観測したところ、らせんを描いて進む「円偏光(えんへんこう)」と呼ばれる特殊な光を検出した。この光に照らされると、アミノ酸などの分子は、「左型」「右型」の一方に偏る性質があるという。
 地球上でアミノ酸が作られたとすれば、「右型」と「左型」がほぼ同量できたはずだが、左型が大半という現実に合わない。このため、円偏光の照射により宇宙で生じた「左型」のアミノ酸が隕石(いんせき)に付着し太古の地球に飛来、生命の起源となったとの説がある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00001687-yom-sci
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: 白夜φ ★ 2013/04/05(金) 00:50:21.09 ID:???no title
2013年4月4日
独立行政法人理化学研究所
国立大学法人京都大学
学校法人日本大学
国立大学法人東京大学
ブラックホールに落ち込む最後の1/100秒の解明へ
-ガスが最後に放つ高エネルギーX線を初めて捉えた!-
強力な重力のため、光さえも飲み込んでしまうという暗黒の天体「ブラックホール」は、実在するのでしょうか?状況証拠こそ集まってきたものの、じつは今でも、直接的な観測証拠はありません。1971年、今から40年ほど前に「はくちょう座X-1」という、X線で明るく光る不思議な天体が発見されました。X線強度が秒以下の短い時間で変動することや、太陽の数倍以上の質量を持つこともわかりました。短い時間でX線が変動することは、X線を出す領域、すなわち天体が極めて小さいことを意味します。こうして、「はくちょう座 X-1」 はブラックホール候補天体となりました。
 はくちょう座X-1は連星系の中にあります(図)。ブラックホールは、連星系の相手の恒星の周囲のガスを引き込みます。引き込まれたガスはブラックホールの周りをぐるぐる回る円盤をつくり、最終的にブラックホールに落ち込みます。ガスは、ブラックホールに落ち込む時高温になりX線を出します。このX線をうまくキャッチすることにより、ブラックホールの周囲を詳しく“観察” できるのです。
 理研の研究者らは、X線観測衛星「すざく」に搭載された高感度の「硬X線検出器」を用い、「重ね合わせショット解析」というX線強度や色(波長)の細かな変動が測定できる独自の手法を適用し、ガスがブラックホールに落ち込む最後の100分の1秒間に10億度以上まで急激に加熱されることを発見しました。もし中心天体に表面があれば、表面からの放射がガスを冷やすため今回の観測を説明できません。したがって本観測は、中心に「表面のない天体」、つまりブラックホールがあることを意味します。ブラックホール存在の直接証明に一歩近づいた成果といえます。
----------------
独立行政法人理化学研究所
仁科加速器研究センター 玉川高エネルギー宇宙物理研究室
基礎科学特別研究員 山田 真也 (やまだ しんや)
_________________

▽記事引用元 理化学研究所 60秒でわかるプレスリリース 2013年4月4日
http://www.riken.go.jp/pr/press/2013/20130404_2/digest/
「はくちょう座 X-1」 ブラックホール連星の想像図
プレスリリース 報道発表資料
http://www.riken.go.jp/pr/press/2013/20130404_2/
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: オリエンタル(愛知県) 2013/03/26(火) 10:48:40.27 ID:lunVm6Ds0 BE:2727048858-PLT(14072) ポイント特典
画像
no title
 ソビエト連邦国防省では、超常的能力を持った超人を養成する作業が行われていた。この極秘プロジェクトを指導したのは、工学博士でロシア自然科学アカデミー会員でもあるアレクセイ・ユーリエヴィッチ・サヴィン予備役中将だった。サヴィン博士は初めて、プロジェクトの一部詳細について記者らに語った。
 サヴィン博士によれば、人間の脳をして地球外知能と交信せしめるような特別のメソッドが研究されたという。その結果は素晴らしいもので、6名が物理的な接触に成功し、2名は宇宙船に滞在することに成功したという。
 サヴィン博士によれば、「いまのところ地球人はかなり若い文明なので、宇宙人にとっては会話相手として未熟だ。しかし我々も宇宙の一部であることには変わりがないため、我々の行動が自分自身、そして他の文明にも害を及ぼす恐れがある。それゆえに、我々は監視されている。」という。
Voice of Russia
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_22/105752421/
ロシア科学アカデミーは、ロシアの最高学術機関。ロシアの国立アカデミーである。ロシア科学アカデミーは、ロシア連邦全土の学術研究機関を包括するものである。ロシア科学アカデミーの会員となることは学者、研究者にとって非常な名誉である。
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ラグドール(やわらか銀行) 2013/03/22(金) 12:47:57.06 ID:pCYaEX040● BE:3115465294-PLT(23000) ポイント特典
 欧州宇宙機関(ESA)と米航空宇宙局(NASA)が、誕生から間もない宇宙の姿をかつてない精度で描いた地図を作成し、21日に発表した。宇宙創生の過程を解明するのに役立つと期待されている。
 研究チームは宇宙誕生のビッグバンが残した光の「宇宙マイクロ波背景放射」をESAの宇宙望遠鏡「プランク」でとらえ、誕生から間もない宇宙の温度分布を色で示した。
 この地図に描かれているのはビッグバンから38万年後の姿で、宇宙の歴史からみればまだ「幼少期」に当たる。新しいデータから算定した宇宙の現在の年齢はおよそ138億歳。これまで考えられていたよりも1億年ほど高齢だったという。
 この地図について米国の専門家は、宇宙論にとってのヒトゲノム計画に匹敵する重要性があると評価する。 NASAの専門家によると、宇宙の光はまず高温の白熱光から始まり、目がくらむほどまぶしかったはずだという。
 しかしビッグバン以降、この白熱光は急激に温度が下がり、宇宙は1100倍の大きさに広がった。温度が下がった白熱光は見えなくなったが、プランク望遠鏡はおよそ1億度という「わずかな」温度の違いをとらえた。地図ではこのデータをもとに、平均温度を白、平均を上回る温度は赤、下回る温度を青で示している。
(続く)
no title
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ