地球外生命体

1: ボブキャット(北海道) 2013/06/26(水) 19:17:00.19 ID:FNiq6ZE30● BE:1685816238-PLT(12001) ポイント特典Figure6
 地球からさそり座の方向に22光年しか離れていない小さな恒星には惑星が5~7個あり、このうち3個は地球よりやや大きな岩石質の「スーパーアース」と呼ばれるタイプの可能性があることが分かった。欧州南天天文台がドイツ・ゲッティンゲン大などの国際研究チームによる観測成果として26日付で発表した。  この3個は恒星からの距離が適度に離れ、温度も高過ぎないため、生命に適した水が存在する可能性がある。地球がある銀河系には小さな恒星が非常に多く、ありふれた恒星にも地球に近い惑星がある場合、地球以外にも生命が存在する可能性が大幅に高まる。
 この恒星「GJ667C」は、質量が太陽の3分の1程度しかない矮星(わいせい)で、他の二つの恒星と重力で結び付いた3連星の状態にある。このため、惑星からは大小計3個の「太陽」が見えるはずという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000039-jij-eurp

2: ボブキャット(北海道) 2013/06/26(水) 19:17:51.96 ID:FNiq6ZE30
絶望しかないな

3: マンチカン(東日本) 2013/06/26(水) 19:18:11.68 ID:N/n4htMOO
こっちくるまでに死んでるから関係ない

7: ウンピョウ(京都府) 2013/06/26(水) 19:20:53.12 ID:Uk+HNppO0
重複かと思いきや、毎回ちょっとずつ違うなw 

>22光年しか 
しかしこれがいつまでも分からん。光りの速さで22年で、しかって言えるのか?w

8: オシキャット(禿) 2013/06/26(水) 19:23:40.82 ID:xTHfXgntP
>>7 
宇宙の大きさを考えると異常に近いな 
これだけ近いって事は確率的に地球型惑星は腐るほどあるんじゃね?≒宇宙人いっぱいいるんじゃね?
てことにもなりかねん

こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: スノーシュー(愛知県) 2013/04/04(木) 02:32:59.32 ID:r8owg8mH0● BE:1227172436-PLT(14072) ポイント特典
落下した隕石から地球外生命体の痕跡を確認―英大学専門チーム
英国カーディフ大学のウォリス教授ら宇宙生物学者チームが昨年末に落下した隕石のかけらから異星由来の生物痕跡を発見した。この隕石は2012年12月29日に、火の玉となってスリランカのポロンナルワ州にわたって夕方の空を照らし、火球となって輝き田園地帯の降ったものだ。現地の証人の話では、タールやアスファルトの強い臭気を報告している。
確認したところ異星生命体の鞭毛に当たるものが見られ、この有機体が地球外生命体のものであり、低重力、低圧環境で形成されていることを電子顕微鏡で確認した。これは地球上で形成、混入されたものではないとしている。
Astrobiologists Find Ancient Fossils in Fireball Fragments
001
MIT テクノロジーニュース 2013/3/11
http://www.technologyreview.com/view/512381/astrobiologists-find-ancient-fossils-in-fireball-fragments/
◆The Polonnaruwa meteorite: oxygen isotope, crystalline and biological composition
Jamie Wallis, Nori Miyake, Richard B. Hoover, Andrew Oldroyd, Daryl H. Wallis, Anil Samaranayake,
K. Wickramarathne, M.K. Wallis, Carl H. Gibson, N. C. Wickramasinghe

Results of X-Ray Diffraction (XRD) analysis, Triple Oxygen Isotope analysis and Scanning Electron Microscopic (SEM)
studies are presented for stone fragments recovered from the North Central Province of Sri Lanka following a witnessed
fireball event on 29 December 2012. The existence of numerous nitrogen depleted highly carbonaceous fossilized biological
structures fused into the rock matrix is inconsistent with recent terrestrial contamination. Oxygen isotope results compare
well with those of CI and CI-like chondrites but are inconsistent with the fulgurite hypothesis.
<Cornell University Library>
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ