ラーメン

1: ムーンサルトプレス(愛知県) 2013/10/10(木) 01:44:00.47 ID:V/f9NN0M0 BE:638209038-PLT(12070) ポイント特典
検証ルール
no title


こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: エジプシャン・マウ(大阪府) 2013/05/17(金) 17:40:24.57 ID:z/DCcQeq0 BE:378196782-BRZ(10000) ポイント特典
http://nakano.keizai.biz/headline/215/
 中野・城山公園そばに博多豚骨ラーメン店-濃厚「努豚骨」売りに2013年05月17日
no title
店長一押しの「努豚骨ラーメン」(700円)
 中野駅南口・城山公園そばに4月25日、ラーメン店「豚野郎」(中野区中野1)がオープンした。
 「あなたの食べている豚骨は、本当に豚骨ですか?」をキャッチコピーとした同店のメーンメニューは「努豚骨(どとんこつ)ラーメン」(700円)。店主の中尾総(おさむ)さんは「豚骨のうまみを限界まで絞り出した濃厚豚骨スープ。このスープを完成させるために職人が日々研究を重ね、努力した結果、自信の持てるスープが完成した。その意味を込めて『努豚骨』と命名した」と話す。「具材はネギ、ゴマ、チャーシューと至ってシンプルだが、こだわりの麺とスープで勝負した」と中尾さん。店名の「豚野郎」は豚骨好きの男性をイメージした。
 メニューは「努豚骨ラーメン」のほか、「和豚骨ラーメン」(700円)、「博多豚骨ちゃんぽん」(800円)。サイドメニューは「博多にぎり肉牛蒡」(150円)、「超熟豚飯」「塩煮込豚軟骨」「秘伝だれ黒肉」(以上、250円)。替え玉もあるが同店の「おすすめ」は「豚骨雑炊」(250円)、「努豚骨」スープの残りに「白米」「豚軟骨」「海苔」を加えて食べる。
 中尾さんは博多のラーメン店で修業を重ね上京、同所で独立した。「ラーメン激戦区である中野、特に北口には有名繁盛店が多い。この店は安さやスピードでの勝負ではなく味で勝負したいので、あえて南口を選択、少し離れた場所を選んだ。当店のラーメンは好き嫌いがはっきりするが、この味を好きな人に長く愛される店にしたい。わざわざ足を運んでいただくお客さまに満足してもらいたい」と話す。
 営業時間は11時~24時(スープが無くなり次第終了)。 
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ウンピョウ(岩手県) 2013/05/07(火) 15:00:26.67 ID:uHriOMh40 BE:197632499-PLT(12001) ポイント特典
【男子感覚】ラーメンにいくらまで出せますか?
 ラーメン。それは夢の国ですよね。でも、味玉、チャーシュー、ネギ……と調子にのってトッピングするとあっという間に1,000円超えることも。では世の男性はラーメンにどのくらい払ってもいいと思っているのでしょうか?アンケートで聞いてみました。
女子感覚はこちら
http://woman.mynavi.jp/article/130507-019/
【男性編】Q.高いなと思うラーメンの金額を教えてください(単一回答)
1位 1,001円~1,200円 30.1%
2位 801円~900円 18.9%
3位 701円~800円 13.7%
4位 901円~1,000円 12.4%
5位 501円~600円 6.5%
■1,001円~1,200円
・「量や具にもよるけど、1,200円のラーメンはめったに食べない。もはやラーメンではなく中華料理だね」(41歳/ソフトウェア/営業職)
・「学生時代に1,000円以上のラーメンにあこがれたが、金銭感覚は当時と変えないようにしている」(26歳/電機/技術職)
・「庶民の食べものではなくなる金額」(41歳/医療・福祉/専門職)
■番外編:ラーメンだけでは物足りない!
・901円~1,000円「麺大盛り・トッピング・ライスつきなど、なにかプラスして1,000円なら許容範囲」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・801円~900円「これにチャーハンとかをつけると1,000円こえるので」(34歳/機械・精密機器/営業職)
・601円~700円「ラーメンは定食と比べて品数が少ないから、これくらいでも高く感じる」(29歳/情報・IT/技術職)
男性の場合、女性よりも若干高くてもOKで、1,000円が分かれ目となりました。餃子やチャーハンなど、ラーメン以外のメニューも楽しむためには、一杯あたりの単価は抑えたいところ。また、トッピングをプラスすることも多いので、意外と高くつくようです。
女性の皆さんは、デートで行くときには、自分が頼むメニューだけではなく、彼氏が食べるものを想像してお店を選ぶと、上手におねだりできそうですね。
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/07/145/index.html
no title
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: トンキニーズ(秋田県) 2013/03/27(水) 20:51:30.98 ID:zo7hcq+F0 BE:1777684076-PLT(12001) ポイント特典
英国人が“行列を作る”ことを好む国民であることは世界的に有名だが、特に昨年の冬のソーホー辺りでは、夜に氷点下にもなる気温をものともせず、辛抱強く自分の順番を待つ行列に遭遇した。彼らのお目当て、 それは何と“ラーメン”なのだ。
 2012年3月に、大阪に拠点を持つ「龍旗信(りゅうきしん)」がプロデュースした本格的なラーメン屋「麺屋一点張(めんやいってんばり)」がオープンして以来、現在、ロンドンのソーホーではこだわりのラーメン屋が続々と産声をあげている。
口コミやSNSが追い風になり、流行を追う新しもの好きのロンドンナーたち、フード・ブロガーや美食家も、みんなこぞって店の前に列を作る。ロンドンにはそれ以前も、ラーメンを供する日本食料理店や、中国人が経営するヌードル・バーなどはあったが、昨今のラーメン屋のクオリティーは既存のラーメンをはるかに凌ぐもの。ロンドン在住の日本人のブログをのぞけば、多くの人がこの新参者のラーメン屋体験を雄弁に語り、さらには地元のさまざまな新聞や雑誌でも“Ramen(ラーメン)”、特に“Tonkotsu (トンコツ)”を大きく特集している。
 NYでは数年前から大きな話題になっていたラーメン、日本人の国民的なB級グルメフードが、遅ればせながらロンドンに大旋風とともに上陸した。現在、街で最も勢いのある2軒のラーメン屋のオーナーたちにインタビューし、その人気の秘密を探った。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130315/1048145/
no title
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ