ハーバード大学

1: アンデスネコ(秋田県) 2013/05/12(日) 00:20:35.00 ID:FOGC3qkCP BE:846516454-PLT(12001) ポイント特典
 2013年5月10日、週末になると、せっかくの休みだからと、ついつい寝溜めをしてしまう人も多いだろう。だが、5日付英紙デイリー・メールに掲載された新しい研究報告によると、毎日9時間以上寝る人、その中でも特に体重オーバー気味の人やいびきをかく人は、ガンにかかるリスクが著しく上昇するという。生命時報が伝えた。
 米ハーバード大学医学部の張雪紅(ジャン・シュエホン)博士の研究チームは、女性7万6000人と男性3万人を対象に、体重、1日の合計睡眠時間、いびきをかくかどうかなどについて調査を実施、がん罹患率との関係について研究を進めた。研究期間中、被験者の1973人が腸がんを患っていた。研究の結果、1日の睡眠時間が9時間以上の人は、7時間前後の人と比べ、大腸がんにかかるリスクが1.4倍から2倍になることが明らかになった。睡眠時間が多すぎる上、体重が基準値をオーバーしており、よくいびきをかく人の場合、がん罹患率はさらに高かった。
 研究者は、「睡眠時にいびきをかくことで、気道が閉塞して呼吸が停止、睡眠の質が落ち、間欠性酸欠状態に陥る。すると、悪性腫瘍が増殖する危険性がもたらされる。質の良い睡眠が取れなかった場合、それを補うためにもっと多くの時間眠ろうとして、悪循環に陥ってしまう」と指摘。また、質の高い睡眠を確保することが健康にとって極めて重要であることから、「成人の睡眠時間は毎晩7、8時間が理想的で、多すぎても少なすぎても健康にとってはマイナスだ。睡眠に問題があると感じている人は早めに医師の診察を受け、問題を解決することが望ましい」と提案している。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/TF)
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=72208
こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: ラ・パーマ(やわらか銀行) 2013/05/11(土) 22:25:57.10 ID:YUn4vzKk0● BE:355461023-PLT(12001) ポイント特典
no title


じっと目を凝らしてご鑑賞ください。
 ハーバード大学の工学応用科学研究チームが世界初となる昆虫サイズの飛行ロボット開発に成功しました。とんぼをモチーフに作られたロボットは2枚の羽をスピーディーに振ることで、安定した飛行を実現しています。その様子はこちら...
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=cyjKOJhIiuU

 このロボット、なんと大きさ2センチ、重さわずか80ミリグラムなんです。とーっても小さいので、空気の流れで安定を損ねぬよう開発には大変な苦労があったんですって。
ハーバードの研究チームはより細かい操作ができるよう、今後もロボットの改善を続けていくそうですよー。
http://www.gizmodo.jp/2013/05/post_12275.html
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ