スタンド・バイ・ミー

1: アキレス腱固め(愛知県) 2013/08/25(日) 16:43:41.38 ID:WWP9vUB1P BE:468295924-PLT(12001) ポイント特典
男子の友情がより理解できる!男の行動を読む映画5選

女子同士の遊びはオシャレにスイーツにショッピングにおしゃべりに……とわかりやすいですが、男同士はいったい何をやっているのでしょうか?
そんな女子のギモンに応えてくれる、男子の友情映画をご紹介。映画を通して、男たちの行動心理を探ってみましょう!

男子同士は何してるの?生活をのぞき見映画5選

●その1:『テッド』

主人公と中年のぬいぐるみ、テッドが巻き起こす大騒動を描いたコメディ。
幼馴染の2人はいつもつるみ、何かっていうと雷兄弟の歌を熱唱し、テレビを見て毒づき、食事はスナックという、究極のだらしなさ。
女子との生活ではありえない自堕落ライフですが、これってもしかしたら男の願望の表れなのでしょうか?
昔からの友だちとはいつでも出逢った頃の自分に戻れるのが男同士なのかもしれません。

●その2:『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』
親友の結婚式前夜のパーティで泥酔した男たちが、行方不明になった花婿を探す爆笑ロードムービー。
友だちが行方不明になったら女子はすぐ助けを求めるけれど、男たちは冒険心がくすぐられるのか、自分たちで何とかしようとするのです。
ひとりじゃできないことも、みんなと一緒ならできる!
「俺たちで解決しようぜ」みたいな子どもじみたノリになるのが男たち。男ってつるんでいるときはいつでも子どもになれるのですね。

●その3:『ソーシャル・ネットワーク』
フェイスブックの創始者、マーク・ザッカーバーグを中心に描いたヒューマンドラマ。
大学時代に彼女にフラれた腹いせに女の子の顔のランク付けサイトを立ち上げ、友だちと楽しむというのがITオタクらしい発想です。
メールだと饒舌なのに会うと寡黙、とか、饒舌だけど人の話聞いてない、とか、リアルにありそうなシーンが満載。
男同士でつるんでも、繊細な心を膨大な知識で隠して理論武装したトークを展開。一番の友だちはやっぱりパソコンなのかもしれません。

>>2以降へ続く

http://magazine.gow.asia/entame/column_details.php?column_uid=00004799

こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: テキサスイズザレーズンφ ★ 2013/07/08(月) 10:38:22.05 ID:???0SHAWSSHANK3
 2009年に刊行された長編小説「アンダー・ザ・ドーム」のテレビドラマ版がアメリカで高視聴率デビューを飾ったことをうけて、エンターテインメント・ウィークリー誌が人気作家スティーブン・キング原作の映像作品を、ランキング形式で発表した。
 第1位に選ばれたのは、中編小説「刑務所のリタ・ヘイワース」をフランク・ダラボン監督が映画化した「ショーシャンクの空に」。スタンリー・キューブリック監督の「シャイニング」、ロブ・ライナー監督が手がけた「ミザリー」と「スタンド・バイ・ミー」、ブライアン・デ・パルマ監督の「キャリー」など、名監督が手がけたキング作品が並んでいる。
 同時にワーストも発表されており、不名誉な1位に選ばれたのはトビー・フーパー監督の「マングラー」で、テレビドラマ版「シャイニング」、キングが自らメガホンをとった「地獄のデビル・トラック」などが続いている。
 ドラマ版「アンダー・ザ・ドーム」を手がけているのは、コミック作家で「LOST」の脚本を執筆したブライアン・K・ボーン。「ミレニアム」シリーズを手がけたニールス・アルデン・オプレブ監督が第1話の演出を担当している。

ベスト10
「ショーシャンクの空に」
「シャイニング」
「ミザリー」
「スタンド・バイ・ミー」
「キャリー」
「ザ・スタンド」
「デッド・ゾーン」
「グリーン・マイル」
「ダーク・ハーフ」
「クジョー」

ワースト5
「マングラー」
「シャイニング」(ドラマ版)
「地獄のデビル・トラック」
「ニードフル・シングス」
「スティーブン・キング 痩せゆく男」

以下ソース:映画.com
http://news.ameba.jp/20130708-78/
3: 名無しさん@恐縮です 2013/07/08(月) 10:39:15.57 ID:kjE8lwTd0
ITとミストが無いのでやり直し

363: 名無しさん@恐縮です 2013/07/08(月) 13:48:05.26 ID:KcfPdHHw0
>>3で終わってます 

シャイニングとかミザリーは劇場で観れてホント良かった

5: 名無しさん@恐縮です 2013/07/08(月) 10:39:45.09 ID:GdxXYVJe0
IT後編のがっかり感

こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ