アベノミクス

1: ツシマヤマネコ(秋田県) 2013/05/17(金) 21:47:20.31 ID:2wSnJflOP BE:2285593496-PLT(12001) ポイント特典no title
 17日発売の英誌エコノミスト最新号は、安倍政権の経済政策「アベノミクス」を考察する巻頭記事を掲載、日本の株高や安倍晋三首相の高支持率などに触れ「政治不信に陥っていた国に衝撃を与えている」と評価した。
 表紙には「あれは鳥? それとも飛行機? いや、日本だ」という見出しとともに、スーパーマン風の衣装で力強く空を飛ぶ安倍首相のイラストが載った。首相の胸には円マークをあしらい、日本経済の復調を強調した。
 同誌は、アベノミクスが「たとえ半分しか成功しなかったとしても、安倍首相は偉大な首相とみなされるだろう」と評価。
 一方で「富国強兵」を掲げる政権にとって、経済政策は安全保障の問題とも密接に絡んでいると分析。「破壊主義的で後ろ向きのナショナリズム」がまん延することになれば、中国や韓国などを一層刺激し、経済面にも悪影響が及ぶリスクがあると警鐘を鳴らした。
 その上で、日本復活に向けて力を注ぐべきは「経済の活性化であり、中国との不必要な争いではない」と指摘した。(共同)
[ 2013年5月17日 21:29 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/05/17/kiji/K20130517005823860.html

こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: キジ白(SB-iPhone) 2013/05/15(水) 20:21:49.63 ID:3NlE48E/i● BE:107427124-BRZ(10000) ポイント特典
日本の株価上昇が突出、2013年の世界の株価
http://thepage.jp/detail/20130515-00010001-wordleaf
2013年の主な国の株価上昇率
no title
 日経平均株価は15日、2008年以来となる1万5000円台をつけました。年始から45%上昇した計算になります。米調査会社ビスポーク・インベストメント・グループによると、2013年の国別にみた株価上昇ランキングで日本は1位を記録しています(4月22日現在)。米のダウ平均株価も最高値をつけるなど世界的な株価上昇傾向も見てとれますが、BRICsに代表される新興国の株式市場では足ぶみ状態が続いています。
 14日の米ニューヨーク株式市場では、ダウ平均株価が1万5215.25ドルと史上最高値を更新しました。独DAX指数も同じく14日、8339.11と終値の史上最高値をつけています。世界の株価動向を示すMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスも、年始から約11%伸びています。
 一方、ここ数年世界経済のけん引役だった新興国の株価は伸び悩んでいます。BRICsの一角であるブラジルのボベスパ指数は年始と比べて10.3%下落、中国の上海総合指数は同じく2.3%の下落となっています。
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ