家電・PCパーツ

1: ラ・パーマ(新疆ウイグル自治区) 2013/03/12(火) 00:48:44.17 ID:wYEhrkpz0 BE:94549722-PLT(12000) ポイント特典
http://commonpost.info/?p=63201
これは魔法じゃないよ!!空中に浮かぶことで手首を傷めないワイヤレスマウスが未来的でカッコイイ!!
投稿日: 2013年3月12日 作成者: キルロイ
no title

▼続く
こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: オリエンタル(芋) 2013/03/05(火) 11:12:41.23 ID:kVBW3j09P BE:497427449-PLT(12001) ポイント特典no title
■「ストラップフォン2<WX06A>」の発売について
~ミニマムが心地良い。Eメール機能を搭載した世界最小、最軽量ケータイ第2弾を限定発売~

・世界最小、最軽量のケータイ
清涼菓子のフリスクサイズで、世界最小最軽量※1 のケータイです。その名のとおり、ストラップとして取り付けることもできる、とても小さく軽い電話機です。
PHSの特長である省電力・小型化を活かし、このサイズを実現しました。

・選べる3色のカラーバリエーション no title
定番のブラックにホワイトとピンクを加え、お好みに合わせてカラーをお選びいただくことができます。
・新たにEメール機能を搭載
従来の「ストラップフォン」には搭載されていなかったEメール機能が加わりました。
最小サイズのケータイながら、全角10,000(半角20,000)文字までのメールを受信できます(送信は、全角1,024(半角2,048)文字までとなります)。
・可動式アンテナを採用し、電波感度を向上
今回新たに可動式アンテナを搭載し、さらに電波感度を向上させました。

質量:約32g no title
液晶画面:1インチ
解像度:96×64ドット
フル充電時間:約2.5時間
連続通話時間 :約2時間
連続待受時間:約300時間

ソース
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2013/03/05/index.html

こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ピクシーボブ(新疆ウイグル自治区) 2013/03/01(金) 18:33:10.25 ID:hHx9LJMm0 BE:638208239-PLT(12004) ポイント特典
http://www.narinari.com/Nd/20130320742.html
メタルスライムキーボード出現、着脱式のフィギュアも並べられる。
2013/03/01 17:24 Written by Narinari.com編集部
no title
周辺機器メーカーのホリは3月30日、従来販売していた「スライムキーボード」の新タイプとして、USBフルキーボード 「ドラゴンクエスト メタルスライムキーボード」を発売する。価格は4,980円(税込み)。
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ユキヒョウ(家) 2013/02/27(水) 16:28:36.25 ID:5DFDkOxr0 BE:2157714465-PLT(12122) ポイント特典
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130227/wir13022715300001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130227/wir13022715300001-n2.htm
3D画面の中に手を伸ばしてウェブページや文書を「つかむ」ことができるディスプレイ「SpaceTop」が、
今年の「TED」で発表された。
カリフォルニア州ロングビーチで年1回開催される「TED」で、マサチューセッツ工科大学(MIT)の大学院
生であるジンハ・リー(李鎭河)が最新のデジタル3D環境「SpaceTop」を発表した。コンピューター画面の
「内部に手を伸ばして」、ウェブページや文書、動画などを、現実世界の物体と同じようにつかむことが
できる3次元コンピューター・インターフェースだ。より込み入った操作も、ハンドジェスチャーで行うことができる。
リー氏は昨年、空中で浮遊する3Dボールを操作し録画もできるシステム「ZeroN」の発表で注目を集めた
(文末に動画を掲載)。同氏はここしばらくMITを離れ、マイクロソフト応用科学グループのインターンシップ
生になっていた。
SpaceTopは、透明なLEDディスプレイと2台のカメラで構成されている。1台のカメラがユーザーの手の動きを追跡し、もう1台のカメラはユーザーの目を監視して何を見つめているかを判断し、投影画像の見え方を調整する。
Image:TED
no title
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ