自動車

1: スナドリネコ(神奈川県) 2013/03/22(金) 21:09:22.76 ID:Q40HuoEH0 BE:827518087-PLT(12075) ポイント特典
【ジュネーブモーターショー13】ポルシェ 911 新型、もうひとつの GT3…レース専用のカップカー
 3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー13。新型『911 GT3』を初公開したポルシェだが、もうひとつの「GT3」もワールドプレミアを飾った。
 このGT3は、新型『911 GT3カップ』。同車は、7世代目となる新型『911』(「991型」)をベースに開発された初のレーシングカーだ。まずは2013年シーズンに開催されるワンメークレース、「ポルシェモービル1スーパーカップ」に実戦投入される。
 新型911 GT3カップは、モータースポーツの舞台で定評ある戦闘能力の高さを、さらに向上。3.8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンは、最大出力460ps/7500rpmを発生。先代よりも最大出力は10ps引き上げられた。トランスミッションは、新開発のパドルシフト付き6速シーケンシャル。車両重量は1175kgに抑えられた。エアロダイナミクス性能もアップ。
 レース用のブレーキシステムも、さらなる耐久性向上を目指して新開発。フロントのローター径は380mmで、キャリパーは6ピストン。リアには、4ピストンのキャリパーを装備する。タイヤはミシュラン製のレーシングスリックで、トレッドを先代よりも拡大した。
 安全性も先代よりも引き上げており、室内には新設計のセーフティケージやバケットシートを採用。ルーフには、万一の事故時に、ドライバーの救出を容易にするレスキューハッチが装備されている。
no title

続く
こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: エジプシャン・マウ(千葉県) 2013/03/18(月) 23:02:28.89 ID:ZM9UshNS0 BE:433253164-PLT(12001) ポイント特典
ジュネーブモーターショーで公開されたランボルギーニ50周年記念車ヴェネーノLP750-4
世界に3台しかないこの車がフロリダ州で投資会社を経営しているクリス・シン氏が購入したと発表
 クリス・シンが所有するガルフストリームジェット機でスイス・ジュネーブに向かう中ヴェネーノの価格と仕様を確認しその場で購入。この取引を仲介したのが高級車専門ディーラーのSTLモータースポーツ
 残り2台は中東と中国かな?
50周年記念イベントでは勿論ヴェネーノもパレードに参加されると思われるので楽しみですね

no title

▼続く
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: キジ白(新疆ウイグル自治区) 2013/03/16(土) 01:32:29.21 ID:INWwAJvs0 BE:141824423-PLT(12002) ポイント特典no title
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130315/wir13031518100002-n1.htm
リッター111kmの超低燃費車、VWが公開
2013.3.15 18:09 (1/2ページ)[くるま]
 ジュネーヴ・モーターショーで、フォルクスワーゲンが超低燃費車「XL1」を公開した。非常にコンパクトな車体と空気抵抗の小ささで、1Lあたり約111kmの燃費を実現している。
 ジュネーヴ・モーターショーでは、フェラーリによる新しい950馬力のフラッグシップ・カー「LaFerrari」(日本語版記事)と、ランボルギーニによる390万ドルの「Veneno」が話題だが、フォルクスワーゲンも、まったく新しいタイプのスーパーカー「XL1」を発表した。
 XL1の場合、新聞の見出しを飾るのは「停止状態から時速60マイル(時速約97km)まで加速するのに3秒未満」や「顔が溶けるほどの推力」といった言葉ではなく、「1Lあたり約111kmの燃費」だ。
 ほかのスーパーカーと同様に、プラグイン・ハイブリッド・カーのXL1は妥協が繰り返されている。車内は、かろうじて2人が座れるスペースしかない。また、停止状態から時速60マイルまで加速するのには12.7秒かかり、「プリウス」が「ポルシェ」並みに思えるほどだ。
 フォルクスワーゲンがジュネーヴ・モーターショーで披露したXL1の市販モデルは、開発に10年以上かかっている。当初のプロトタイプのデザインは、シングルシートで、薬のカプセルのようなかたちをしていた(日本語版記事)。
 XL1には、わずか47馬力という馬力を出す2気筒のターボディーゼル・エンジンが搭載されている。このエンジンとオイルバーナーとの間には、電気モーターと7速デュアルクラッチ・トランスミッションが挟み込まれている。リチウムイオン・バッテリーから動力を得た「E-motor」の27馬力と合わせれば、最大74馬力になる。ぱっとしない数字だが、質量795kgのXL1を加速させ、数字マニアに新しいデータを提供するには、これで十分だ。高速道路で時速約100kmでXL1を走らせ続けるには、8馬力しか必要ない(最高速度は時速160km)。
つづく

こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: スミロドン(千葉県) 2013/03/07 21:22:06 ID:BtvWdADc0
RWCは、Android4.0搭載の「初音ミク タブレットナビ starring 藤田咲」を発売する。
 新製品はWi-Fiを搭載する7インチタブレットで、初音ミク仕様のカーナビアプリを内蔵。外装からアイコン、壁紙、起動画面、地図上に至るまで、初音ミクをモチーフに一貫したデザインが施されている。
 カーナビはゼンリンのマップデータを採用。初音ミクをデフォルメした2種類のオリジナル自社アイコンを用意
 また、イラストレーターの手によるオリジナルライブ壁紙を内蔵。イラストは購入後もアップデートされ、最終的には50枚のオリジナルイラストが搭載される仕様となっている。
価格は未定。
http://response.jp/article/2013/03/07/193060.html
no title

no title
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: オリエンタル(芋) 2013/03/05(火) 18:54:12.12 ID:kVBW3j09P BE:165809726-PLT(12001) ポイント特典no title
■【ジュネーブモーターショー13】ランボルギーニの新スーパーカーは3億円超…ヴェネーノ 正式発表
 ランボルギーニは4日、新型スーパーカー『ヴェネーノ(Veneno)』を発表した。最大出力750hp、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は355km/h、価格は300万ユーロ(約3億6500万円)超という文字通りのスーパーカーだ。
 5日より開幕するジュネーブモーターショーに先駆けおこなわれた、フォルクスワーゲングループの
前夜祭の中で発表された。
 ヴェネーノは、ブランド50周年を記念するモデル。車名のヴェネーノは、実在した伝説の闘牛の名から取られた。6.5リットル12気筒エンジンを搭載し、これに素早い変速を可能とした7速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。駆動方式は4WDだ。さらに5つのドライビングモードを切り替えることが可能となっている。内外にカーボン素材やCFRPを多用し、1450kgと超軽量なボディを実現した。
 ヴェネーノは5日に開幕するジュネーブモーターショーで一般公開される。この車両はテスト車両で、
車両番号は「0」。2013年中に3台が生産される予定だという。

ソース
http://response.jp/article/2013/03/05/192768.html

続く
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ベンガル(新疆ウイグル自治区) 2013/03/05(火) 06:22:36.63 ID:wxf24XfST● BE:1538026079-PLT(12000) ポイント特典no title
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130304_590277.html

トヨタ、ジュネーブショーで超小型2人乗りEV「i-ROAD」公開
旋回Gに合わせて車体の傾きを自動制御する新開発のアクティブリーン機構を採用
(2013/3/4 15:48)
TOYOTA i-ROAD

 トヨタ自動車は3月4日、ジュネーブ・モーターショー(プレスデー:3月5日、6日、一般公開日:3月7日~17日)において、超小型2人乗り電気自動車(EV)のコンセプトカー「TOYOTA i-ROAD」を出展すると発表した。
 i-ROADは「コンパクトで爽快なモビリティ」をテーマに掲げた2人乗りEV。運転する際にヘルメットの着用は不要で、前後席に着座できる。
 2350×850×1445mm(全長×全幅×全高)というコンパクトなボディーサイズを特徴とするとともに、旋回Gに合わせて車体の傾きを自動制御する新開発のアクティブリーン機構を採用し、クルマやバイクとは異なる一体感のある爽快な走りを実現したと言う。またクローズドボディーにより、季節や天候に左右されることなく目的地まで移動できる構造とした。

続く
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: 依頼10(やわらか銀行) 2013/03/04(月) 14:07:22.27 ID:iKZqpjbj0● BE:2712407459-PLT(12000) ポイント特典
no titleno title
20年以上もの間ほとんど乗らずに保管、というより "保存" されていただけでなく、手間と時間を掛けて各部をリフレッシュさせた個体なのだ。
もちろん取扱説明書や整備手帳、保証書などドキュメント類は全て揃っている(ステアリング・コラムには、新車時に付属する「ターボチャージャー付車両使用上のご注意」が書かれたタグまで残っていた!)。
本当に、"新車の32R" を買う気分になれそうだ。

http://jp.autoblog.com/2013/03/03/nostalgic-2days-2481km-r32-skyline-gt-r/

こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ