映画

1: (´.ω. `) 知らんがな φ ★ 2013/07/23(火) 02:10:19.44 ID:???0
 映画『ハリー・ポッター』シリーズで知られるダニエル・ラドクリフが、げっそり痩せこけてしまったと話題になっている。
 問題になっているのは、現地時間18日、ダニエルがロンドンで上映中の舞台「The Cripple of Inishmaan」の公演を終えて劇場を出た際に撮影された写真。頬がげっそりとこけて顔色は青白く、思わずダニエルの体調が心配になるほどだ。この激やせについてダニエルの代理人は「(『The Cripple of Inishmaan』でダニエルが務めているのは)肉体的にとても過酷な役なのです。それに彼は公演のたびに、長い時間ファンのサインに応じています。今、ロンドンは猛暑ですし」とABC Newsに説明。
体調不良説については「あり得ません」と完全否定している。舞台「The Cripple of Inishmaan」は、ハリウッドのクルーが町にやって来たことをきっかけに、17歳の障害のある孤児(ダニエル)が不幸な暮らしから逃れようとするさまを描くダークコメディー。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130722-00000020-flix-movi
Too many Red Bulls? Daniel Radcliffe has wild eyes
and a red face as he leaves theatre following performance
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2356894/Daniel-Radcliffe-appears-tired-red-faced-leaves-theatre-following-performance.html
[画像]
no title
こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: 禿の月φ ★ 2013/07/16(火) 22:59:15.52 ID:???P
 米俳優ジョニー・デップ(50)が16日午後6時8分、主演映画『ローン・レンジャー』(8月2日公開)のプロモーションのため、娘のリリー=ローズ・メロディと息子のジャック・ジョン・クリストファー、交際中の女優アンバー・ハードと共に成田空港に来日した。
 白のシャツに、グレーのベスト、ジーンズ、トレードマークの帽子を被ったデップの来日は1年2ヶ月ぶり10度目。前日泊の徹夜組を含むファン1200人が歓迎した。(>>2以降に続きます)
ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2026671/full/
画像:ファンと交流するジョニー・デップ=成田空港
no title

no title

こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: 禿の月φ ★ 2013/07/16(火) 19:14:20.04 ID:???P
 往年の人気アニメの実写映画化『ガッチャマン』(8月24日公開)の完成披露記者会見が、7月16日に東京国際フォーラムで開催。松坂桃李、綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、鈴木亮平、佐藤東弥監督が登壇。主演の松坂は完成した映画について「自分たちの世界観は間違ってなかった。全員がこの作品のために同じ方向を見ていたとものすごく感動し、見終わった後、黙って監督と握手をしました」と手応えを語った。
 会場には総額2000万円を投じたガッチャマンスーツもお目見え。松坂たちはそのスーツを着用して、華麗なアクションにトライした。「侍戦隊シンケンジャー」のシンケンレッド役でワイヤーアクションは経験済の松坂は「一切恐怖心はなく臨めました」と言いながら「今まで経験したことがないくらいの高さまで上がったり、アクション中にワイヤーで吊られ、飛んでまたアクションに入ったりしました。今までやったことのないアクションは難しくもなり、新鮮でもありました」と、感想を述べた。
 綾野は、スーツについて「感情があってアクションが変わっていくというのが共通認識でした。非常にトイレが大変だったし、暑いし、締め付けられる。でも、本作の世界観には絶対に大切だった」とコメント。(>>2以降に続きます)
ソース:ニュースゲート
http://www.news-gate.jp/article/39978/
画像:
no title

映画「ガッチャマン」完成披露記者会見に出席した(左から)濱田龍臣、剛力彩芽、松坂桃李、
綾野剛、鈴木亮平、佐藤東弥監督
no title

no title

こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: 禿の月φ ★ 2013/07/16(火) 05:54:18.30 ID:???P
 今夏公開の映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』に出演している人気俳優のベネディクト・カンバーバッチが15日、同映画PRのため来日し、成田空港に集まった1,000人を越えるファンから熱烈な歓迎をうけた。
 昨年12月に初来日した際も、約500人のファンが空港に駆けつけ、お祭り騒ぎとなったが、今回はそれをさらに上回るファンの数。徹夜組も150人以上、報道陣も30媒体近くが集まり、カンバーバッチ自身も驚きを隠せない様子で大勢のファンを前に「素晴らしい! アメイジング!」と感嘆のコメント。「自分が空港に来ても、お父さんもお母さんも迎えにきてくれないのに、こんなにたくさんの人々が歓迎してくれてうれしいです」と目を輝かせて答えた。
 ファンへのサービス精神が旺盛なことでも知られ、ファンとのスキンシップなども予想されたが、「セキュリティの方にサインをしないでと言われているんだ。本当にごめんね」と申し訳なさそうな顔で謝罪。(>>2以降に続きます)

ソース:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0054697
画像:
no title
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: アメリカンボブテイル(家) 2013/07/14(日) 09:58:34.29 ID:BSw2PU8I0 BE:780174926-PLT(12012) ポイント特典dc5efcac99afca709c3ab48d7b90bd228ea18daa_37_2_9_2
 映画の印象を左右する映画音楽。楽曲と作品の相乗効果が大ヒットを生み、シリーズ化につながることも少なくないようですね。今回はみなさんに、テーマ曲が印象に残っているシリーズ物の洋画について聞いてみました。

1位:ロッキー
2位:パイレーツ・オブ・カリビアン
3位:スター・ウォーズ
4位:ミッション:インポッシブル
5位:007

気になる6位以降はこちら
ttp://ranking.goo.ne.jp/ranking/022id/video_gJL7CGTIpwOU_all/
 このテーマ曲を耳にすると映画のシーンを思い出して体が熱くなり、自然と泣けてくる人も多そうな《ロッキー》が堂々1位に選ばれました。打たれても立ち上がるというシンプルなストーリーに自分を重ね合わせて共感し、いつ観ても力がこもるという男性も多そう。この映画の大ヒットでアカデミー作品、監督、編集賞を受賞したシルベスター・スタローンがアメリカン・ドリームを体現した話は有名ですが、その後『ロッキー・ザ・ファイナル』まで主人公「ロッキー」と共に走り続けたS・スタローン自身の30年にも渡る人生ドラマも、この映画とテーマ曲に深みを与える一因となっているようですね。
 続いて、映画の雰囲気をよく表したメインテーマ曲『彼こそが海賊』が視聴者の心を揺さぶる《パイレーツ・オブ・カリビアン》が2位にランク・イン。海賊や広大な海をイメージさせるカッコイイこの曲に、幼いの頃のドキドキ・ワクワク感を甦らせる人もきっと多いのでしょうね。そして、壮大な宇宙を思わせるテーマ曲が印象的な《スター・ウォーズ》が3位に。原点に立ち返りたいという強い思いから、次回作は来年イギリスで制作されることが発表されました。《スター・ウォーズ》の世界がテーマ曲と共に再びスクリーンに帰ってくることに大きな期待を抱かずにはいられませんね。
http://news.livedoor.com/article/detail/7855914/
3: トラ(やわらか銀行) 2013/07/14(日) 10:00:19.19 ID:h1O8fHFA0
ジョン・ウィリアムズ

4: デボンレックス(東京都) 2013/07/14(日) 10:01:01.13 ID:L/KtYyOh0
もののけ姫

8: ターキッシュアンゴラ(山口県) 2013/07/14(日) 10:03:20.27 ID:1FbE5lcK0
プロジェクトA

9: 猫又(関東・甲信越) 2013/07/14(日) 10:03:46.84 ID:i71dty6HO
カイジ
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★ 2013/07/11(木) 15:15:16.96 ID:???0
映画製作費、歴代トップ20発表!
 アニメやフランチャイズ映画のヒットが続いてることから、ハリウッドは超大作を製作する傾向が続いており、映画の製作費は増大し続けるばかりだ。ジェームズ・キャメロン監督が、納得するまで私費を費やして製作した『タイタニック』(97)は当時世間を騒がせたが、いまとなっては驚く金額ではなくなったようで、digitalspy.comがこの度、莫大な製作費をかけた映画トップ20を発表した。
 1位に輝いたのは、ジョニー・デップ主演のシリーズ第3弾『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』(07)の3億3200万ドル(約332億円)、2位は『タイタニック』とサム・ライミ監督作『スパイダーマン3』(07)の2億8600万ドル、そして他のブロックバスター映画を差し置いてサプライズの4位になったのは、ディズニーアニメ『塔の上のラプンツェル』(10)の2億7400万ドルで、同作はまったくヒットしなかったことから製作費が回収できていない。

5位は『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(09)の2億6800万ドル、
6位はケビン・コスナー主演作で大コケとなった『ウォーターワールド』(95)の2億5900万ドル、
7位は『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』(06)の2億5600ドル、
8位はジェームズ・キャメロン監督作『アバター』(09)の2億5400万ドル、
9位は、大コケが記憶に新しいディズニーの『ジョン・カーター』(12)の2億5000万ドル、
10位はピーター・ジャクソン監督作『キング・コング』(05)と『スパイダーマン2』(04)の2億4300万ドルとなっている。

歴代1位に輝いたのはジェリー・ブラッカイマーとジョニー・デップのコンビ作!
no title

MovieWalker 2013年7月11日 14時22分 配信
http://news.walkerplus.com/article/39884/

こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: テキサスイズザレーズンφ ★ 2013/07/08(月) 10:38:22.05 ID:???0SHAWSSHANK3
 2009年に刊行された長編小説「アンダー・ザ・ドーム」のテレビドラマ版がアメリカで高視聴率デビューを飾ったことをうけて、エンターテインメント・ウィークリー誌が人気作家スティーブン・キング原作の映像作品を、ランキング形式で発表した。
 第1位に選ばれたのは、中編小説「刑務所のリタ・ヘイワース」をフランク・ダラボン監督が映画化した「ショーシャンクの空に」。スタンリー・キューブリック監督の「シャイニング」、ロブ・ライナー監督が手がけた「ミザリー」と「スタンド・バイ・ミー」、ブライアン・デ・パルマ監督の「キャリー」など、名監督が手がけたキング作品が並んでいる。
 同時にワーストも発表されており、不名誉な1位に選ばれたのはトビー・フーパー監督の「マングラー」で、テレビドラマ版「シャイニング」、キングが自らメガホンをとった「地獄のデビル・トラック」などが続いている。
 ドラマ版「アンダー・ザ・ドーム」を手がけているのは、コミック作家で「LOST」の脚本を執筆したブライアン・K・ボーン。「ミレニアム」シリーズを手がけたニールス・アルデン・オプレブ監督が第1話の演出を担当している。

ベスト10
「ショーシャンクの空に」
「シャイニング」
「ミザリー」
「スタンド・バイ・ミー」
「キャリー」
「ザ・スタンド」
「デッド・ゾーン」
「グリーン・マイル」
「ダーク・ハーフ」
「クジョー」

ワースト5
「マングラー」
「シャイニング」(ドラマ版)
「地獄のデビル・トラック」
「ニードフル・シングス」
「スティーブン・キング 痩せゆく男」

以下ソース:映画.com
http://news.ameba.jp/20130708-78/
3: 名無しさん@恐縮です 2013/07/08(月) 10:39:15.57 ID:kjE8lwTd0
ITとミストが無いのでやり直し

363: 名無しさん@恐縮です 2013/07/08(月) 13:48:05.26 ID:KcfPdHHw0
>>3で終わってます 

シャイニングとかミザリーは劇場で観れてホント良かった

5: 名無しさん@恐縮です 2013/07/08(月) 10:39:45.09 ID:GdxXYVJe0
IT後編のがっかり感

こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ