社会

1: ターキッシュアンゴラ(空) 2013/04/28(日) 19:23:45.80 ID:VQ6t3E/L0 BE:585914483-PLT(12001) ポイント特典
http://www.po-kaki-to.com/archives/6474155.html
April 25, 201316:15
海外サイトで紹介されてる「日本のファッション10種」が本当にやめて欲しい
no title
日本で次々に生まれている新しいファッションのスタイル、として海外サイトで紹介されていた、「日本のファッション
10種」。[10]images
こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: 斑(家) 2013/04/24(水) 21:11:24.41 ID:3Rj5JdnI0 BE:1078857735-PLT(12122) ポイント特典
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201304240031.html
 来春卒業予定の学生の心をつかもうと、採用活動でユニークな選考を取り入れる企業が中国地方で相次いでいる。精米機など製造のサタケ(東広島市)は23日、役員面接では初めての普段着面接を実施した。他社も接客体験を導入するなど自社の特色を理解してもらおうと知恵を絞る。
 サタケ本社であった役員面接の服装のテーマは自分らしさ。学生30人は、白のポロシャツやピンクのジャケットなどカラフルな装いで爽やかさや明るさを表現した。
 九州大農学部4年の一丸裕介さん(21)は上半身裸、はかまに鉢巻きを着け、手作りの旗を手に登場。高校の体育祭で応援団の旗手をした経験があり、「持ち前のパワフルさを出せた」と満足そうだ。
 サタケが普段着面接を始めたのは2011年。木谷博郁取締役人事部長(53)は「リクルートスーツだと誰も同じように見え、学生も緊張する。普段着はありのままの姿を知るために効果的」とみる。
 メガネの田中チェーン(広島市中区)は選考で接客体験を取り入れている。学生たちは3次選考会で同市中心部の店先に30分程度立ち、無料のメガネ洗浄を呼び掛けたり洗ったりする。総務課は「接客態度は採用の参考にはしない。複数の内々定を得る学生に仕事内容を伝え、選んでもらうきっかけにする」と狙いを明かす。
 ドラッグストアのザグザグ(岡山市中区)はことしの採用活動から喫煙者でないことを条件に加えた。喫煙者には入社までに禁煙を求める。会社説明会やホームページで案内し面接で確認する。「健康をサポートする企業として、まず従業員の健康を守る」と同社。禁煙に取り組む企業姿勢を客にアピールする狙いもある。
【写真説明】多彩な服装でサタケの役員面接に臨む学生たち
no title
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: 影の軍団子三兄弟ρ ★ 2013/03/01(金) 16:46:16.15 ID:???0no title
人生これからという時期に脳や心臓などの疾患でなくなる人が少なくない。
塩分や脂肪分の過剰摂取、運動不足による健康水準の低下が一因とされるが、そうした生活習慣を積極的に改善し、平均寿命で“好成績”を収める地域がある。長野県だ。
 長寿ランキングをみると一目瞭然。ヒミツはどこにあるのか。
 厚生労働省が2010年の「都道府県別の平均寿命」を発表した。それによると、長野が男性80・88歳、女性87・18歳で男女ともに全国1位。長野の男性の1位は1990年から5回連続で、女性の1位は今回が初となった。
 この強さはどこにあるのか。
 新渡戸文化短期大学の学長で医学博士の中原英臣氏は「長野もかつてはよくなかったと思いますよ。
脳出血などでなくなる方は多かったはずです。原因としては、雪の多い地域は冬場に野菜が採れないから塩辛い漬物を食べることになる。
 味噌も産地だから多く摂取していたのでしょう。そういう生活習慣だと血圧は高くなるし、体にいいことはない。
危機感を持った県が塩分を控え、野菜をよく食べて運動するように根気よく取り組んだのでしょうね」と話す。
 厚労省の10年国民健康・栄養調査では、長野は、20歳以上の男女の野菜摂取量は全国トップ。
地域で住民の保健指導に当たるボランティアがほぼ全ての市町村に配置され、一人暮らしの高齢者宅を訪問したり、生活習慣病に関する住民向け研修会への参加を呼び掛けたりするなど努力を重ねている。
 ショックを受けるのは、本土復帰後初めて女性が1位から転落した沖縄。
仲井真弘多知事は「長寿世界一復活を目指す県として、結果を厳しく受け止めている」とガックリ。
男女とも最下位の青森に至っては、県の担当者が「寿命を延ばす方法があれば教えてほしい」ともはや悲鳴だ。
 1日平均350グラムの野菜を取り続けるのが健康維持の基本とされている。
「ヘルシー志向が高まる米国では積極的に実践されているが日本は劣ります。
野菜を取り、塩分を少なめにして、適度な運動を続ける。思い当たる人は、いまからでも生活習慣を改善すべきです」(中原氏)。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130301/dms1303011213015-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20130301/dms1303011213015-p1.jpg

こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ