アニメ・漫画

1: オムコシφ ★ 2013/05/21(火) 01:35:25.80 ID:???
 サークルKサンクスは、バンダイビジュアル協力のもと、アニメ「ガールズ&パンツァー」とコラボしたオリジナル商品(5種類)を5月21日~6月3日までの期間限定で販売する。実施店舗は関東、新潟、静岡のサークルKとサンクス。
mmi_garupansunkus_01
(C)GIRLS und PANZER Projekt
こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: アムールヤマネコ(大阪府) 2013/05/16(木) 03:13:11.24 ID:AcDKWWxlP BE:215749433-PLT(13482) ポイント特典
Penで少女マンガ大特集、名作の魅力や歴史的価値を解説
 5月15日に発売されたPen6月1日号(阪急コミュニケーションズ)では、「少女マンガ超入門!」と題された特集が組まれている。
 この特集には戦後から現代に至る少女マンガの歴史や、その影響を俯瞰できる内容がふんだんに盛り込まれた。
 まず「いますぐ読むべき大作」として、手塚治虫「リボンの騎士」、池田理代子「ベルサイユのばら」、美内すずえ「ガラスの仮面」、山岸凉子「日出処の天子」、萩尾望都「ポーの一族」、魔夜峰央「パタリロ!」の6作を、竹内オサムら有識者のコメントも交えて紹介。その魅力やバックグラウンドを、30ページ以上にわたり特集している。
 また「時代の空気を映してきた、創造性あふれる歴史。」と題されたコーナーでは、少女マンガが及ぼしてきた経済や文化への影響を、壮大な年表とともに解説する。さらに黄金期を築いた編集者たちによる座談会や、現代における雑誌の傾向分析など、少女マンガ全体への教養を深めてくれる内容となっている。さまざまなジャンルを横断する作品ガイドも収録されているので、本特集をもとに読書の世界を広げてみては。
no title
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/15/357/
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ピクシーボブ(やわらか銀行) 2013/05/12(日) 03:04:36.71 ID:ovSnN9/E0● BE:71430337-PLT(12011) ポイント特典
 2013年に公開された「ディズニー」とアメコミ「マーベルコミックス」の映画といえば『アイアンマン3』だ!
アイアンマンが世界中でヒットを飛ばしているなか、早くも2014年公開予定のマーベル原作の映画が正式発表されたぞ。

 来年公開の映画の主人公はなんと日本人!しかも日本政府が組織したというスーパーヒーローチームなのだ。ついに日本人がアメコミヒーローとして世界に旋風を巻き起こすぜ!!
・日本人ヒーローが活躍の『Big Hero 6』
 映画化が正式発表されたのはマーベルコミックス原作の漫画『Big Hero 6(ビッグ・ヒーロー・シックス)』だ。
 ディズニーの長編アニメとして公開される予定である。
 正式発表とともにYoutubeに最新映像も公開された。
・ヒーローは全員日本人! 設定がかなりリアル
 『Big Hero 6』の舞台はサンフランシスコと京都をミックスさせたかのような都市「サンフランシスキョー」。
 日本政府が組織したスーパーヒーロー部隊「Big Hero 6」の活躍を描いたものだ。
 Big Hero 6の初期メンバーは以下のとおり。 

   【Big Hero 6初期メンバー】
   ・リーダーで炎を操る「サンファイア(ヨシダ・シロウ)」
   ・『Xメン』のウルヴァリンの婚約者の異母兄弟「シルバーサムライ(ハラダ・ケンイチロウ)」
   ・世田谷区出身の超天才少年「タカチホ・ヒロ」
   ・ヒロが作ったスーパーロボット「Baymax」
   ・内閣情報調査室の美人エージェント「ハニーレモン(ミヤザキ・アイコ)」
   ・宇都宮の元暴走族「ゴーゴータマゴ(タナカ・レイコ)」
  以上である!
(色々略)
http://www.youtube.com/watch?v=GSV3laJplpU

http://rocketnews24.com/2013/05/11/327568/
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: マンチカン(千葉県) 2013/04/18(木) 21:34:06.14 ID:0jsklSWy0 BE:809712768-PLT(12001) ポイント特典
 バイク買取専門店「バイク王」の新キャラクターとなったルパン三世で、なぜハーレーダビッドソンに峰不二子が乗るのか。そのルーツは35年前に公開されたルパン三世の映画にあった。その映画とはシリーズ1作目となった『ルパン三世~ルパン三世VS複製人間~』(78年公開)だ。ここで峰不二子が操るのがハーレーのフラッグシップモデルであるFLHTだった。
 峰不二子フィギア製作の苦労とともに、広報担当の平見真理子さんに聞いた。
 「展示を終えて、お客様にお贈りする峰不二子オリジナルカスタムバイクは、バイク王で用意した2008年モデルのFLHTです。映画に登場する当時のモデルとはエンブレムに違いがあり、これを当時のものに変えました。ボディ色も私たちは不二子ちゃんピンクと呼んでいるのですが、映画の中のものにできるだけ近づけてみました」
 約2.5m×約1m×約1.5m(長さ・幅・高さ)のFLHTに乗っても、リアルに感じることができる等身大の峰不二子であるために、その製作も細部まで試行錯誤を重ねた。
 「まず、ハーレーにまたがって最も美しくみえるポーズを考えました。このポーズを製作会社にお願いして、3次元コンピューターグラフィックで再現。それを基本にリアルな不二子ちゃんらしさを追及しました」(平見さん)
 バイク王と製作者がせめぎあい、毎日のように連絡をとりあったポイントもある。
 「それはレザースーツに隠された峰不二子の胸元ですね。開けすぎると胸が離れるので、この高さが一番いいとアドバイスをいただきました。ほんの数ミリですが細部のこだわりを感じました」(平見さん)

スロットルに指を添える角度や、謎めいた微笑みを浮かべる不二子らしい表情にも気を配り、キャラクターの不二子らしさと、女性が乗っているかのようなリアルさを、ライディング・ポーズの中に再現したという。
 不二子フィギアはFRP製で、重量は20kg。製作日数は超特急だったが3か月を費やした。18日の展示では大人3人が本物の女性を扱うように慎重に乗せた。
http://response.jp/article/2013/04/18/196304.html
no title
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ラグドール(やわらか銀行) 2013/04/06(土) 14:11:35.44 ID:uwgP71DyP BE:148476252-PLT(12010) ポイント特典
「スラムダンク」ファンの聖地、温泉旅館が破産 広島
http://news.nicovideo.jp/watch/nw573210
no title
人気漫画「スラムダンク」(集英社)に登場する旅館のモデルとしてファンの間で知られていた 
広島市佐伯区の湯来温泉にある旅館「みどり荘」が広島地裁から破産手続きの開始決定を受けた。
東京商工リサーチ広島支社が5日、発表した。
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: シンガプーラ(新疆ウイグル自治区) 2013/03/25(月) 17:50:02.87 ID:1/F96jqoP BE:703755124-PLT(12000) ポイント特典
25日発売のビッグガンガン 2013年 Vol.04掲載の藤村歩実氏
『春になるとウズウズしちゃう』8ページ分が上下逆に掲載された。
no title
『藤村先生が無断で締め切りをぶっちぎったため罰として上下を逆に掲載しております。
読者の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。』とのことで、何かのミスではない。
ビッグガンガンの表紙
no title
■以下、Twitterでの反応
『面白いなこれ!』、
『誰に対してのバツなのよコレ… 編集者は読者のことを考えたげて!』、
『やり過ぎじゃね?』、
『へ~そういうのはじめて見ました。』、
『読者の立場になってほしいな。』、
『読者に罰を与えてどうする。』、
『全員が無断で締切をぶっちぎったら全部逆になっていつも通りになるな』、
『ゾッとしました』、
『そんなことあるのね...。』、
『面白いですが、反省や罰ではない様な』、
『何の漫画かな?粋な罰ですね。』、
『下書きのまま掲載とどっちが恥ずかしいんだろう。』、
『ええええΣ(゚д゚lll)編集としてどうなの??』、
http://ieee80211abgn.blog58.fc2.com/blog-entry-2794.html
51979cce
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ジャパニーズボブテイル(千葉県) 2013/03/24(日) 13:49:41.99 ID:Tb++OsyM0 BE:974819096-PLT(12001) ポイント特典
 「マリオ」シリーズは基本は横スクロールで敵を踏みつけて進んでいくアクションゲームですが、その終盤戦をマリオの一人称視点で見るとどうなるのかということを考えて作られたムービーがYouTubeで公開されています。
 開始時点でマリオはすでにWORLD 8、つまり最終ワールドの城が見えるところまで来ています。最初は懐かしのゲーム画面っぽいのですが……
no title

ステージに突入するといきなりリアルに。
no title

続く
こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ