1: シャム(北海道) 2013/07/02(火) 15:51:58.68 ID:KMfhsxZg0 BE:3662178067-PLT(12000) ポイント特典無題
20億年後「地球を継ぐ」のは微生物
 【7月2日 AFP】今から20億年後の地球は、ますます燃え盛る太陽に焼かれ、山や洞窟の中に点々と残った水たまりに閉じ込められた微生物だけが最後に生き残る──天文学者らの国際会議で1日に発表された未来の地球の暗いシナリオだ。
 発表は、英セント・アンドリューズ大学(University of St Andrews)で開かれている英王立天文学会(Royal Astronomical Society、RAS)主催の天文学会議で、同大の宇宙生物学者ジャック・オマリージェームス(Jack O'Malley-James)氏が行った。次の10億年の間に太陽が年を取って今よりも明るくなり、地球の温度調整システムが崩壊に至る可能性をコンピューターモデルによって示した。
 水分の蒸発速度の上昇と、雨水との化学反応によって、植物が光合成を頼っている大気中の二酸化炭素(CO2)量が激減し、植物に依存している動物もまた打撃を受ける。そして20億年のうちには海が完全に干上がり、最後に残って地球を「引き継ぐ」のは、太陽からの強力な紫外線放射と灼熱に耐えることができる極限環境生物(極限条件下で存在する微生物)だという。
 RASの報道資料の中で同氏は「遠い未来の地球は、この時点までに生命にまったく適さない環境となっているだろう。全ての生物には液体水が必要で、従って生き残った生物(の生息場所)は、おそらくより温度の低い高地や洞窟、地下などに残る水たまりに限られる」と述べている。しかし同氏のモデルによると、28億年後にはそうした「最後の砦」も消滅する運命にある。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2953917/10994909


0: スポンサードリンク 2013/12/25 45:31:79 ID:niyasoku
 


27: ハバナブラウン(埼玉県) 2013/07/02(火) 16:20:00.80 ID:d24pRlx9P
>>1

10億年前、多細胞生物が誕生

6億年前、海中生物が発達

4億年前、岩石ばかりの地上に植物が上陸する

3億5000万年前、植物を追って動物が地上へ登る

2億5000万年前、超巨大火山の噴火で地上の動植物が絶滅しかける。

2億3000万年前、恐竜の祖先が誕生。地上に森ができ始める。

1億年前、恐竜全盛期。哺乳類もいたが捕食対象。

6550万年前、中~大型恐竜が巨大隕石で滅亡

4500万年前、小型恐竜の生き残りの巨大鳥と、進化した哺乳類の戦いが勃発。哺乳類の勝利。

700万年前、サルから進化した原始人類が誕生。弱いので捕食対象。

100万年前、新人類誕生。完全二足歩行でかなり賢くなったが、まだ喋れない。でも火を覚えた。

20万年前、ホモサピエンス誕生。



よって、20億年後とか知らんがなw

30: メインクーン(やわらか銀行) 2013/07/02(火) 16:21:01.62 ID:CmmBwq4g0
>>27
100年後ですら自分は死んでるしどうでもいいわ

33: ピクシーボブ(埼玉県) 2013/07/02(火) 16:26:19.95 ID:HELjjWMV0
>>27
1万年あれば文明はやり直せるからな。
こうしてみると、恐竜時代に高度な文明があってもおかしくはないw

2: スペインオオヤマネコ(大阪府) 2013/07/02(火) 15:52:53.77 ID:oo+M6S9z0
どうでもいい

4: マレーヤマネコ(新疆ウイグル自治区) 2013/07/02(火) 15:54:16.02 ID:WNRuQDFP0
太陽の寿命が80億年だっけ?

あと20億っていったら人間でいえば壮年期なんじゃ。

5: ラグドール(関西・東海) 2013/07/02(火) 15:54:24.13 ID:CKQucnofO
地球にテラフォーミング

8: ターキッシュアンゴラ(WiMAX) 2013/07/02(火) 15:59:41.41 ID:nsdebeXZ0
逆に火星がちょうどいい感じにあったまるのかもな

10: キジトラ(千葉県) 2013/07/02(火) 16:01:31.95 ID:EiTkb2FE0
人類の営みって無意味だね

12: コラット(千葉県) 2013/07/02(火) 16:03:28.21 ID:vp8Lz5qJ0
>>10
うん、
お前が地球にいた痕跡なんか間違いなく残らないからね

11: ライオン(茸) 2013/07/02(火) 16:02:32.24 ID:awGOC0QM0
途方もなさすぎてなんというか

13: ギコ(千葉県) 2013/07/02(火) 16:04:05.72 ID:FtncVUdO0
それどころか2億年後には人類は滅亡してる。

14: ウンピョウ(オーストラリア) 2013/07/02(火) 16:04:51.30 ID:O1RMDpAq0!
なんで太陽が強くなるの?
弱くなるなら分かるけど。

29: アンデスネコ(庭) 2013/07/02(火) 16:20:59.91 ID:jTk+tvcb0
>>14
膨張するんだよ

15: セルカークレックス(愛知県) 2013/07/02(火) 16:05:57.84 ID:5xB4lpqI0
もしどこかでふと死んで、PCの中身がそのまま残ったとしても20億年後には消え去るということか

16: ウンピョウ(内モンゴル自治区) 2013/07/02(火) 16:06:49.10 ID:gDVLcdcAO
2000万年後には人類滅亡してもいい

18: アフリカゴールデンキャット(東日本) 2013/07/02(火) 16:08:05.88 ID:epQ3Vbin0
食って 寝て ヤって 繁殖して 太陽に焼かれるだけの生物

20: ラグドール(東京都) 2013/07/02(火) 16:09:03.37 ID:dF9ZBqE+0
最後は宇宙自体がなくなるし、不老不死が実現しても無駄だよな

21: ラ・パーマ(西日本) 2013/07/02(火) 16:09:37.62 ID:BFys/WXOO
文明も進化してるだろうからどうなるかなんてわかるわけない

23: ターキッシュアンゴラ(東京都) 2013/07/02(火) 16:14:38.00 ID:dXpjuruS0
頑張って太陽から地球遠ざけれ場いいんじゃね?

24: 縞三毛(関東地方) 2013/07/02(火) 16:17:33.54 ID:Ks3CdXdUO
つまり何をしたって温暖化
ノンストップ温暖化
ストップエゴだらけのエコ

31: ボンベイ(やわらか銀行) 2013/07/02(火) 16:23:09.61 ID:e8sM5R3g0
不老不死になってもしょうがないな

34: ハバナブラウン(庭) 2013/07/02(火) 16:27:03.29 ID:AZkzmBztP
次の氷期で間違いなく人類は滅亡する
農業がほぼできなくなるからな
1万年前から今までがラッキーだったんだよ

38: ピクシーボブ(埼玉県) 2013/07/02(火) 16:39:46.48 ID:HELjjWMV0
>>34
次の氷期までに室内農業が発達するだろ。

扱い始めて80年の原子力技術レベルじゃ事故が起きたが、
千年後とかで扱えてないとは思えない。

次の氷河期には俺らの想像のつかないレベルの文明ができてるだろうよ。

36: シャルトリュー(WiMAX) 2013/07/02(火) 16:37:12.68 ID:0skEQg7pP
地球上から人間が消え去ったら一万年で
文明の痕跡が跡形もなく消えるらしい

40: ボブキャット(アメリカ合衆国) 2013/07/02(火) 16:45:12.29 ID:1GjB6kr20!
それまでに巨大宇宙船作ってなんとかせなあかん。
実はインデペンデンス・デイの悪者宇宙人は未来の俺たちなんやで。

41: アジアゴールデンキャット(埼玉県) 2013/07/02(火) 17:07:13.89 ID:TFyjRl9/0
仮に20億年文明が発達したらどんな世界になるのだろう
時空を越えたテレポーテーションとか可能なのかな

42: マレーヤマネコ(大阪府) 2013/07/02(火) 17:08:25.21 ID:MrtQvxHe0
1000年後には人類は宇宙に進出してるだろ
3000年後は死から解放されてるかもな

43: シャルトリュー(静岡県) 2013/07/02(火) 17:12:50.59 ID:RBMHWxuoP
そもそも生物の歴史はまだ20億年に満たないじゃん

確率的には
20億年以内に巨大隕石で生命滅亡するほうがあり得ると思うのだがどうなの

44: アンデスネコ(WiMAX) 2013/07/02(火) 17:13:32.06 ID:Ux50Ewco0
多細胞生物が生まれてまだ数億年だっつーのに20億年先の生物の話とかw

46: ハバナブラウン(京都府) 2013/07/02(火) 17:27:23.89 ID:0bgZw1JIP
少しずつ環境が悪化していって徐々に生物が減っていくのは間違いない
しかし将来人類が宇宙へ飛び出すなんてできるんだろうか
経済的な問題で何もできずに終わりそうな気がする

引用元: 【宇宙ヤバイ】 20億年後 の 地球 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww