1: 科学ニュース+板記者募集中!@pureφ ★ 2013/05/07(火) 22:36:02.11 ID:???
太陽光で飛ぶ飛行機 米国横断飛行に出発(ビデオ)
no title
Photo: EPA
 スイスで設計された太陽光で飛ぶ飛行機「ソーラー・インパルス」が、米国横断飛行の最初の目的地アリゾナ州フェニックスに 現地時間0時30分に到着した。
 ソーラー・インパルスは、およそ18時間飛行した。ソーラー・インパルスを操縦したのは、 精神科医師の ベルトラン・ピカー ルさん。ピカールさんは、 ソーラー・インパルス・ プロジェクトの主催者。 ソーラー・インパルスは、約2ヶ月かけて米国 大陸を横断飛行する。

0: スポンサードリンク 2013/12/25 45:31:79 ID:niyasoku
 


ソーラー・インパルスは昨年夏、スペインからモロッコまでの初の大陸間飛行に成功した。
 イタル・タス/ロシアの声 5.05.2013, 11:08
http://japanese.ruvr.ru/2013_05_05/112512370/
燃料不要のソーラー飛行機、米大陸横断への初飛行に成功
no title
 5月4日、米カリフォルニア州を出発した太陽エネルギーのみで飛行可能なソーラー飛行機が、米国横断の最初の目的地であるアリゾナ州フェニックスの空港に無事着陸した。写真は3日に離陸する「ソーラー・インパルス」(2013年 ロイター/Stephen Lam)
[4日 ロイター] 太陽エネルギーのみで飛行可能なソーラー飛行機が3日、米カリフォルニア州を出発し、米国横断の最初の目的地であるアリゾナ州フェニックスの空港に約18時間後に無事着陸した。同プロジェクトのウェブサイトが明らかにした。
 「ソーラー・インパルス」と名付けられたこのソーラー飛行機は3日朝、サンフランシスコ近郊のモフェットフィールドから飛び立ち、18時間18分後にフェニックスのスカイハーバー国際空港に降り立った。今後はダラス、セントルイス、ワシントンを経由して、約2カ月以内に最終目的地のニューヨークに到着する予定。
 カーボンファイバー(炭素繊維)でできた機体は軽自動車ほどの重さで、翼長はジャンボジェット機とほぼ同じ長さ。1回の飛行時間は最大24時間で、両翼には1万2000枚の太陽光パネルが取り付けられている。高度8500メートルまで上昇でき、平均飛行速度は時速69キロ。
 同機の開発には、スイスのエレベーター大手シンドラー(SCHN.S: 株価, 企業情報, レポート)の技術者らが参加しているほか、ベルギーの医薬品・化学・プラスチックメーカー大手ソルベイ(SOLB.BR: 株価, 企業情報, レポート)も研究支援を行っている。
ロイター 2013年 05月 6日 15:53 JST
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE94501620130506
Solar Impulse Plane Takes Flight
DNews Published on May 3, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=hI4VQux3qIo&feature=player_embedded

Solar Impulse Channel
http://www.youtube.com/user/SolarImpulseChannel

2: 名無しのひみつ 2013/05/07(火) 22:37:15.37 ID:6HP3jk/6
アホウドリだな

4: 名無しのひみつ 2013/05/07(火) 22:48:01.01 ID:QVLbFGtA
>1回の飛行時間は最大24時間

ということは夜も飛べるんだ。蓄電器かなんかで? 
昼間飛行では充電できないのかな?

5: 名無しのひみつ 2013/05/07(火) 22:51:27.69 ID:I7o7R9TZ
自力で離陸するのか?

6: 名無しのひみつ 2013/05/07(火) 23:00:15.36 ID:cpw0ud4+
>>5
自力で離陸してるよ
http://www.youtube.com/watch?v=zMLcDdmDYPA



時速69kmだから止まって浮いてるようだ

12: 名無しのひみつ 2013/05/07(火) 23:11:11.48 ID:Cf44IenL
>>5
離陸は滑走路に敷き詰めたソーラーパネルで充電したレールガンによるカタパルト方式

21: 名無しのひみつ 2013/05/08(水) 12:06:26.91 ID:SpgA2AtZ
>>12>>8
ソーラー飛行機は自力離陸だよ
旅客機としては電磁カタパルトグライダーのほうが有望だけどね

石油・石炭・ガス枯渇後の米国の高速交通を考えた場合
「よほど電気が安くなるのでなければ」

サンフランシスコから、ニューヨークまでリニアを引いて
リニア駅に空港を併設して、
リニア駅空港からローカル空港に電磁カタパルトグライダーを飛ばすのが
安くつくんじゃないかな

まずは、日本も伊丹-高松・徳島とかで電磁カタパルトグライダーを
試したらいいんじゃないかと思う

少なくも、太陽電池飛行機よりは速いよ
トマホークミサイル(時速700km)くらいは出るんじゃないかと思う

8: 名無しのひみつ 2013/05/07(火) 23:03:09.37 ID:Dl9ADI2d
旅客機にするにはまだまだ時間がかかりそうだな

10: 名無しのひみつ 2013/05/07(火) 23:07:07.10 ID:UJhcC+wg
無着陸じゃねえのかよ。

11: 名無しのひみつ 2013/05/07(火) 23:07:37.08 ID:fUyJxYJC
何で2ヶ月もかかるんだ
無着陸世界一周するなら分かるけど

13: 名無しのひみつ 2013/05/07(火) 23:14:32.75 ID:CdaFwbMH
ポッキリ!   みんなも思っただろ

17: 名無しのひみつ 2013/05/08(水) 05:14:55.55 ID:fQ7zTquO
これに自動化技術を組み合わせれば、
国境とか国立公園とか無人地域の監視に大きな力を発揮しそうだ。

19: 名無しのひみつ 2013/05/08(水) 10:36:58.10 ID:BsG06i75
太陽電池ってこんなに発電量多いのか

20: 名無しのひみつ 2013/05/08(水) 11:16:43.70 ID:DDHSXt9v
風にむっちゃ弱そうだな

22: 名無しのひみつ 2013/05/08(水) 12:22:46.67 ID:hM9i/6pF
インパルスガンダムで引っ張るのか、そらにブルーインパルスで引っ張るのか?

23: 名無しのひみつ 2013/05/08(水) 12:24:17.90 ID:SpgA2AtZ
電磁カタパルトグライダーの問題点は

弾道ミサイルに滑空翼をつけたような物体を
マスドライバーで打ち出すわけだから

長距離飛ばすほど、初速が速くなる必要があって
空気抵抗が凄くなって、電気代がうなぎのぼりになる

だから、長距離飛ばすならカエル跳びで、何度も打ち上げないと
電気代の安い亜音速飛行はできなさそうで

1)だから幹線をリニアが、枝線を電磁カタパルトグライダーが担当するか
2)カエル跳びで電磁カタパルトグライダーを飛ばすか 
3)木や藻から石油をBTL技術で化学合成するか
4)セメント工場から出てくるCO2を原料にメタノールを合成して
  それを原料に石油を合成するか
どれが一番安くつくかな
------------
ソーラー飛行機は 軍用無人機じゃないかな

 北朝鮮の上を高高度で何日も哨戒して、偵察衛星みたいな使い方をするとか
 衛星が打ち落とされたときのバックアップとして、軍事通信の中継をするとか

 飛行船よりは、風に流されにくく、長時間滞空できる長所を生かし
 低速の短所を補うならそんな用途だろう
  
   ただ北朝鮮の旧式なガイドラインミサイルでも高度2万mくらいまで
   撃墜できるから 電波ステルスなのが望ましいね

   エンジン飛行機は空気が薄くなる高高度に弱いが
   太陽電池飛行機は 低音OKに作れるなら
   空気が薄い高高度に強そうだもんな

引用元: 【技術】太陽光で飛ぶ飛行機「ソーラー・インパルス」 米国横断飛行に出発