1: 科学ニュース+板記者募集中!依頼35-7@pureφ ★ 2013/04/23(火) 10:58:57.63 ID:???
 「1秒で充電できるクレジットカード大の携帯電話も可能」大容量・高出力の新型マイクロ電池、イリノイ大が開発
 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究チームが、新構造の高性能リチウムイオンマイクロ電池を開発した。スーパーキャパシタと同等以上の高出力を実現でき、無線通信分野への新規応用や電子デバイス小型化などが可能になるとしている。2013年4月16日付けの Nature Communications に論文が掲載されている。
no title
図1 三次元のマイクロ電極間をリチウムイオンが移動するイメージ (Credit: Beckman Institute for Advanced
Science and Technology)

0: スポンサードリンク 2013/12/25 45:31:79 ID:niyasoku
 


 論文によると、今回開発されたリチウムイオンマイクロ電池の出力密度は最大7.4mW cm-2 μm-1 であり、最高性能のスーパーキャパシタと同等以上の高出力となっている。既存のマイクロ電池と比較すると、2000倍程度の高出力であるといえる。 
 このように電池を高出力化することで、無線信号の届く距離を30倍に延ばしたり、デバイスを1/30に小型化したりできると考えられる。充電時間も1000倍高速化できるので、1秒足らずで充電できるクレジットカードサイズの携帯電話などが実現する可能性がある。 
 リチウムイオン電池は高容量を実現できるが(高エネルギー密度)、一度に大量のエネルギーを出し入れできないため(低出力密度)、充電に時間がかかるという弱点がある。研究チームは今回、マイクロ電池内部の微細な三次元構造を最適化することにより、通常トレードオフの関係にあると考えられているエネルギー密度と出力密度を同時に高めることに成功したという。 
 マイクロ電池のセル構造を図2に示す。電極は、多孔質金属(ニッケル)の足場上に正極材および負極材をそれぞれ均一に被覆して同一基板上に形成する。正極材にはリチウム化した酸化マンガン(LMO)、負極材にはニッケルスズの単層薄膜を用いている。このマイクロ構造によって、電極活物質と電解質中における電子およびイオンの移動距離が短くなり、出力密度が上がる。同時に、活物質の体積を大きく保つことで、エネルギー密度を高めることができる。活物質の厚さは17~90nm、多孔質金属足場の孔の口径は330nmまたは500nmとした。正極と負極は幅30μmサイズとし、10μm間隔で交互にかみ合わせた形状とした。セル全体の体積は0.03mm3程度となっている。 

no title

図2 マイクロリチウムイオン電池の構造と電極形成プロセス (James H. Pikul et al., Nature Communications (2013) doi:10.1038/ncomms2747) 

SJNニュース 再生可能エネルギー最新情報 2013年4月20日 
http://sustainablejapan.net/?p=4062 

High-power lithium ion microbatteries from interdigitated three-dimensional bicontinuous nanoporous electrodes 
James H. Pikul, Hui Gang Zhang, Jiung Cho, Paul V. Braun & William P. King 
Nature Communications 4, Article number: 1732 doi:10.1038/ncomms2747 
http://www.nature.com/ncomms/journal/v4/n4/full/ncomms2747.html 

16: 忍法帖【Lv=29,xxxPT】(1+0:8) 2013/04/23(火) 11:41:38.84 ID:FXg8rfZ7
>>1
危険な香りがする・・しかし、できたらいいなー

3: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:10:57.83 ID:ZkqmEmC9
それは利点のみの強調なんじゃないの

急発熱・爆発のリスク激増と経年劣化が著しくなるでしょう

4: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:10:58.87 ID:cmALmJl4
説明みてもさっぱりわからん

ただスゲーって事はわかった

5: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:15:06.66 ID:waz+ncw8
これは革命になるかも

6: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:18:12.54 ID:lzcjasAA
はよ実用化せーや

7: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:19:21.35 ID:FB2E8V4W
巨大な倉庫の写真かと思った

8: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:20:33.24 ID:NhTO/IQo
失敗したらオーストラリア大陸のおおきさが吹っ飛ぶ
とかだと、そう簡単に実験できないな

11: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:31:41.47 ID:KM1eK/ef
ほんとにリスクもなく、この理屈が再現可能だとすれば、今は一瞬すぎて手の出ない雷とか、チャージできるんじゃあ…?


>>8
超光速実験かナニカか…

13: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:38:12.46 ID:gyOxq+2Q
>>11
雷って高いのは電圧だけじゃね

19: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:49:50.23 ID:KM1eK/ef
>>13
電力量になおすと1発42kWhだそうだ。
http://www.acelion.co.jp/kaminari/meca/meca.html

9: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:26:13.20 ID:o2rxJ9Rj
大型化したら原発必要なくなるかな

14: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:38:15.44 ID:NhTO/IQo
ミニ太陽が実験施設内でつくれればいいのにね
お手本は毎日頭上にあるのに・・

15: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:40:27.70 ID:waz+ncw8
>>14
常温核融合が本物ならそれも実現するだろ
万に一つもありえないとは思うが

17: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:43:12.56 ID:6cWGX8+v
とうとうこの分野でブレイクスルーが来たのか

18: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:47:47.94 ID:u6100N7h
1分でも凄いのに1秒か

20: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 11:51:44.96 ID:BHhRYvk4
1000mAhの電池を1秒で充電すると家のブレーカー落ちるな

22: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 12:07:53.46 ID:hfX7yYGm
車の充電に使えないのか

24: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 12:18:34.69 ID:MVInZR8e
畜電器と思って読んだら、二次電池。技術革新早いねぇ。

25: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 12:21:40.78 ID:IbpNwj1Z
そんな大電流の流れる回路を携帯電話の内部に押し込めるのか?

27: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 13:06:59.98 ID:DvK4ddRD
出力密度は高くても、エネルギー密度が高くないと充電池としてはいまいちじゃないのか

28: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 13:07:56.85 ID:6P2FmclU
クレジットカード型の携帯電話か
熱膨張してお餅みたいにふくらみそう

29: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 13:14:29.63 ID:bdaQOu50
EVにも使える技術なら、世の中がガラリと変わる程の技術だけど
記事ではその事に触れていないから
まだ色々課題や制約があるのかな

31: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 13:33:47.50 ID:/BHbYFq4
凄い技術ドンドンきてるね
実用化した携帯はやくほしい

34: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 14:17:19.61 ID:rz6avIkU
なるほどリチウムイオン電池の高容量を保ったまま、電極構造の改良で
スーパーキャパシタ並みの高出力化に成功したと
問題はこの電極を低価格量産できるか?って製造工程の話だな

36: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 15:32:32.53 ID:+PK1fwvT
>>34
集積回路並みの値段がしそうだな

41: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 16:02:38.85 ID:TOgPwCZ8
端子を触ったら大電流を一秒で食らうの?

42: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 16:06:26.45 ID:FezIq+cC
容量が増えるとは一言も書いてない。
最大出力電流が増えるだけ。

48: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 20:04:50.82 ID:euq7kyRR
ポケットに入れていて
パキッと割れた瞬間に人体発火しそうw

50: 名無しのひみつ 2013/04/23(火) 22:15:54.45 ID:gt2WVXkZ
畜電池の充電時間を改良するより
キャパシタの保持時間を改良する方が楽なんじゃね

引用元: 【蓄電】「1秒で充電できるクレジットカード大の携帯電話も可能」大容量・高出力の新型マイクロ電池-イリノイ大